院長紹介

院長挨拶

院長挨拶

石川歯科医院のホームページにようこそ。
私が歯科医師を志したのは、小学生の頃、父から「歯医者になりなさい」と助言されたことがきっかけでした。
当時は全国的に歯科医師が不足していました、岡山県北の鏡野町周辺にも一軒のみ。
地域の歯科医療に貢献することで、社会に役立つ人間になってほしいという父の思いが、そこにはあったようです。

大学受験を迎えて進路に迷っていたとき、そんな父のアドバイスが甦りました。
そこから歯科医師としての人生がスタートし、歯科医院勤務を経て、昭和58年に故郷である当地に開業いたしました。
以来35年にわたり、当石川歯科医院は地域に密着した歯科診療を行っております。
その間、より高いレベルの診療を目指し、最先端の歯科技術の習得はもちろん、院内の設備や医療機器の充実にも力を入れてまいりました。

2011年よりIPSG包括歯科医療研究会、2015年より咬み合わせ医療会に参加しています。そこで得た技術や知識により私の入れ歯作りは飛躍的に向上しました。また現在もよりレベルアップを 目指して研修し続けています。
とはいえ、歯科診療の主人公はあくまでも患者様です。
歯科医師のひとりよがりであってはいけません。
たとえば、保険内診療と自己費用という選択肢に関しては、そのメリット・デメリットや診断時の情報提供を十分に開示し、患者様がしっかりと納得された上で、ベストな選択ができることを何より優先したいと思います。

「患者様に最善の治療をご提供させていただく」ということ。
それを目指し、より満足度の高い歯科診療に向けて、当院スタッフ一同がんばってまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

院長:石川光伸

院長略歴

院長略歴

岡山県苫田郡鏡野町出身。地元の高校を卒業後、昭和48年(1973年)に岐阜歯科大学(現/朝日大学歯学部)に入学。
同54年(1979年)に卒業後、大阪の歯科医院に勤務。
その後、出身地に戻り、昭和58年9月(1983年)実家の隣りに医院を新築し、個人歯科医院として開業。

所属学会:研修会

・特定非営利活動法人 日本顎咬合学会(にほんがくこうごうがっかい)
・IPSG包括歯科医療研究会
・咬み合わせ医療会

page top